ドミナント戦略のメリット・デメリット ~なぜ競合に参入されにくいのか~

こんにちは。MOTOKIです。

皆さんドミナント戦略はご存知でしょうか。聞いたことがあるという方も多いかと思いますが、今回はそのドミナント戦略についてご紹介します。
基本的に以下のサイトの内容を参考にさせていただいていますが、本投稿では特に、ドミナント戦略をとると何故競合に参入されにくいのかという個所を掘り下げていきます。

フランチャイズの窓
https://www.fc-mado.com/useful/strategic-dominance/#target1

 

■ドミナント戦略とは

ドミナント戦略とはチェーンストアが1つの地域に集中して出店する戦略です。

例えばセブンイレブンは創業当初からこの戦略を採用していて、集中して出店しているエリアと、まったく出店していないエリアがあります。私の地元もセブンイレブンがなく、コンビニと言えばローソンかファミマでした。(今は出来たそうですが)

 

■ドミナント戦略のメリット・デメリット

メリット

認知度UP
当然同じエリアに多く出店しているほうがその地域の人からの認知度は上がります。よく分からないお店に行くのは勇気がいりますが、よく知っているお店には入りやすいですよね。

これと同じ理由でTVCMがあります。CMを見ていると「こんなCMで内容全然伝わらないじゃん」と思うものも多いです。しかし、あれは企業がどういったサービスをしているのかを伝えるのが目的ではなく、その企業の名前を知ってもらうために実施されています。

 

物流効率UP
出店エリアが固まっているほうが商品などの配送効率が上がります。エリアが固まっていれば店舗直送ではなくセンターを経由して、より効率的に配送することも可能です。また、物流効率が上がることにより、より新鮮な商品を届けることもできます。

 

店舗管理効率UP
チェーンストアには店舗経営が適切に行えているかどうかを管理・指導するスーパーバイザー(SV)という人たちがいます。このスーパーバイザーが店舗管理・指導のため直接店舗を訪れます。このときも物流効率UPと同じ理由で、エリアが固まっているほうが移動が楽になりますね。チェーンストアによっては、このスーパーバイザの移動時間というのが無視できない割合になっていて、問題とされているケースもあります。

 

広告効率UP
広告といっても色々あります。例えば看板広告の場合、同じエリアに出店しているとそのエリアにだけ広告を出せばいいです。しかし、いろいろなエリアにばらけて出店しているとその分だけ多く広告費用が掛かります。他にもローカルバスでの広告、ケーブルテレビのCMなども同じです。

また、地域によって広告内容を変えたほうが効果的な場合もあります。例えば、どん兵衛は関西・関東で味が違います。関西は甘みのある出汁で、関東は濃い出汁です。味の好みの他にも、人口密度、気温、特産品なども考慮した広告(地域特性を考慮した広告)のほうが広告効率は上がります。地域特性を考慮するとなると、同じエリアに出店していたほうが助かりますよね。

 

参入障壁UP
これは認知度UPに通じるところがありますが、ドミナント戦略をとることにより、競合他社がそのエリアに参集しずらくなる効果があります。本記事では特にここを掘り下げていきます。

ドミナント戦略をとると、まず集中出店しているエリアでその企業の認知度が上がります。そしてそのエリアのユーザには「○○○と言えばこの店」と認知されます。

そう認知されることで何故競合が参入しずらくなるかというと、それは「人は変化を嫌う生き物」だからです。

例えば自分の住んでいるエリアのコンビニがセブンイレブンだけだったとしましょう。あなたは「コンビニと言えばセブン」と認知しています。そこにある日突然「ローソン」が出店してきます。その場合目新しさでローソンに行っても、基本的には慣れ親しんだセブンを継続利用するのではないでしょうか?
ただし前提として、コンビニ間で大きな価格の差や特徴の差(提供している価値の差)はないものとします。人は変化を嫌うと生き物と言ったように、多くの人は大きな価値の差を見いだせない場合、これまで利用してきたよく知っている店舗を利用します。

「私はよく知らなくても家から近いコンビニを利用する」という方も多いでしょう。ただそれも個人ではそうですが、エリア全体を考えると、コンビニまでの距離が同じ人はやはり今まで利用してきたコンビニを利用するでしょう。

このようにドミナント戦略が取られているエリアに新規参入する場合、既存の店舗と同じような価格・価値を提供するのでは勝負することが難しいのです。参入するなら圧倒的に安い価格、もしくは差別化できるような価値を提供する必要があります。安い価格と言っても同じ業界では差を出すのは難しいです。また、差別化されて参入された場合は、そもそも対象となる顧客も違っていて、住み分けできる可能性もあります。

 

デメリット

競合参入時のダメージUP
上記のメリットにおいて競合に参入されにくいとありましたが、参入された場合はダメージが大きいです。特に大手などが価格で差をつけて参入してきた場合は、いくら認知度があったからと言っても顧客は価格の安い企業を選ぶでしょう。その場合、集中して出店していた複数の店舗の売り上げが落ちることになり、影響が大きくなります。

災害時のダメージUP
災害が発生すればそのエリアの店舗の多くがダメージを受けることになります。

 

カニバリゼーションのリスクUP
ドミナント戦略で集中出店していると言っても、店舗同士の距離が近すぎるとカニバってしまうことがあります(顧客の共食い)。集中出店はしますが、やりすぎは注意です。

 

■まとめ

ドミナント戦略のメリット・デメリットを紹介しました。簡単にまとめますと次のようになります。

メリット
集中している分、各種効率UP(物流、管理、広告)
認知度UPで同じような企業に参入されにくい(堅牢になる)

デメリット
集中している分、問題発生時のダメージもUP(参入、災害)
カニバるリスク

こうして見てみるとモノ(店舗)を集中させて効率UP、でもそこに問題が起こるとダメージも大きいという、ある意味当然なことです。投資でも似たようなことが言えますし、兵法なんかにもありそうですよね。

メリット・デメリットを紹介しましたが、一般的にドミナント戦略はメリットのほうが勝っており、有効な戦略とされているようです。経営するわけでなくとも、このドミナント戦略の集中させることによる効率UPや堅牢性、リスクUPという考え方は他のものにも応用できそうですね。

 

以上、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

早寝早起きするための「最強の商品」

こんばんは。Motokiです。

 

皆さんは規則正しい生活を送れていますでしょうか?私は毎日23時就寝、6時起きです。たまに寝る時間は遅くなっていますが、朝は決まった時間に起きています。ただ、規則正しい生活が送れるようになったのは最近のことで、昔はひどかったです。

 

大学の研究室時代は特にひどく、時間があまり決まっていなかったため夕方に起きて夜研究室に行って、朝に帰るという日々を過ごしていました。昼夜逆転です。

 

社会人になってからは会社の就業時間が決まっているため、夜遅くとも何とか朝は起きられます。ただ休日は気が緩んでしまい、起きるのが昼になることも多かったです。

 

そんな私ですがある「商品」を買ってからは平日休日ともに早寝早起きができるようになりました。

 

早寝早起きができない原因と言っても人によって様々です。そして対策としてもいくつか挙げられると思います。例えば次のようなものです。

  • 就寝前にブルーライトを浴びない
  • 就寝前にカフェインをとらない
  • 就寝前にゲームなどをして興奮しない
  • 昼寝をしない
  • 睡眠時間を十分にとる
  • 朝日を浴びて目を覚ます

 

いろいろ方法はありますが、本記事では最後の「朝日を浴びて目を覚ます」というところについて紹介します。

 

1日は24時間ですが、人間の体内時計は24時間と少しあります。個人差はありますが、おおよそ24~25時間です。この差を埋める方法が朝起きたら日の光を浴びることです。朝起きたらすぐに朝日を浴び目を覚まします。

 

しかし、生活リズムが整っていない人は朝日を浴びようとする前に、そもそも朝起きることができません。

 

では、夜カーテンを開けて寝て、朝日を自動的に浴びられるようにするのはどうでしょう。きっとこれは効果的です。しかし、

  • 朝起きる時間を指定できない
  • 日が出ていない日もある
  • そもそも建物の条件として日が入らない

などの制約があります。

 

私は経験的に朝日で目が覚めやすいことを知っていましたが、上のような制約があるため、どうにか毎日同じ条件で光を浴びて起きられるようにしたいと思っていました。

 

そこで行き着いた先がシーリングライトの購入です。シーリングライトとはつまり天井の照明です。ただ、普通のシーリングライトではなく、タイマー付きシーリングライトです。

 

単純なことですが、朝日の代わりにシーリングライトの光を浴びて目を覚ますようにしました。タイマー付きのため、あらかじめ設定しておいた時間に自動点灯します。シーリングライトなら朝日にはあった制約はありません。

  • 時間を指定可能
  • 日が出ていなくても関係ない
  • 日が入らなくても関係ない

つまり、毎日好きな時間に使用することができます。

 

私は毎朝6時に起きますが、その30分前にタイマーをセットして起きやすい状態を作っています。光を浴びることによって起きやすさが大きく変わりました。今まではカーテンを閉めて寝ていて、目覚ましが鳴っていることにすら気づきませんでした。

 

ちなみに私が買ったライトは「オーデリック シーリングライト(LED37W・昼光色~電球色) 【~8畳】 リモコン付き SH8169LDR」です。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00O4XCYW6/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

 

主な特徴は、

  • タイマー付き
  • 明るさを調節可能
  • 色も調整可能

 

もともとタイマー目当てで買いましたが、明るさと色の調整機能も気に入っています。特に色は色温度(オレンジ色の光、白い光、青い光)の調整も細かくでき、場面に合わせて最適な光を選ぶことができます。

 

例えば、朝は白い一番明るい光で目を覚ます。夜はオレンジの暗めの光で睡眠前のリラックスモードに入る。本を読むときは青い光で集中力をアップさせるなどです。

 

私の部屋は7.5畳のため、8畳用のサイズを買いました。畳数によって明るさが変わります。自分の部屋と同じか少し上のサイズで明るさに問題はなく、朝起きるときにも効果を発揮できます。

 

ただ、朝に強い光を浴びたいという方は、自分の部屋よりも少し上のサイズを選ぶのもいいかもしれません。もし、明るすぎたという場合も明るさの調整が可能ですので問題はありません。

 

起きている時間こそ変わらないですが、朝他の人よりも早く起きることでなんだか得した気分になれるものです。早起きは三文の徳ともいいますよね!また、生活リズムが安定することにより、毎日のルーティンワークが定まりやすく、余計な行動に思考を割かなくてもいいというメリットもあります。

 

朝起きれない原因は人それぞれだと思いますが、少なくとも私はシーリングライトの光によって毎朝起きられるようになりました。同じような悩みを持つ方は一度試されてはいかがでしょうか。(仮に効果がなかったという場合も、良質な多機能ライトとして機能します。)

 

どうせ起きないといけないなら、いっそのこと早く起きて毎日得した気分になりましょう!

 

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

仕事の振り方 ~同じような仕事か新しい仕事か~

こんばんは。Motokiです。

 

私は社会人生活も浅いのですが、最近小さなチームのリーダーとなり仕事を振る機会がありました。これまでは仕事を振られる側で振られた仕事を一生懸命こなすだけでしたので、どう振るかで悩みました。

 

仕事の振り方といっても色々あります。仕事の難易度、量、関連、期限。チームメンバーの技量、頭の良さ、興味。などなど考慮するべきことは多いと思います。そんな中、今回はある仕事をした人に「同じような種類の仕事を振る」べきかどうかについて考えました。

 

つまり、次のAとBのどっちの仕事の振り方をするべきかを考えました。

A 「同じ種類の仕事を振る」

B 「違う種類の仕事を振る」

 

これだけでは少し抽象的なので具体例を話します。私はシステム開発の仕事(いわゆるSE)の仕事をして、システム開発には設計・実装・テストといったように仕事のフェーズがあります。その中でシステムの各機能が各チームメンバーに割り振られています。

ここでいうAの「同じ種類の仕事」とは、設計である機能Xを担当した人に実装・テストでもXを担当してもらう。また、Xと同じような機能X’を担当してもらうなどのことです。Bの「違う種類の仕事」はAと逆で、機能Xの設計・実装・テストで別のメンバーを割り振る。また、機能Xを担当した人に全然違う技能・知識を要する機能Yを担当してもらうなどです。

 

一見するとAの「同じ種類の仕事を振る」のほうが仕事の効率が上がり、こちらを採用するべきです。しかし話はそう単純ではなく、BにはBのメリットがあります。

 

AとBのメリットをまとめると次のようになります。(デメリットはAとBのメリットをひっくり返したものです)

 

A 「同じ種類の仕事を振る」

・長期的に見て効率がいい

・知見が深くなる

B 「違う種類の仕事を振る」

・短期的に見て効率がいい

・多くのことを学べる

 

まず、Aのメリットから説明します。同じような仕事を続けているほうが当然効率は上がりますよね(長期的と書いた理由は後述)。また、同じような仕事を続けているほうが、それに関する知見も他人より深くなっていきます。

 

逆にBのメリットに短期的に見て効率がいいとあります。これは例えば開発が遅延したときなどには猫の手も借りたくなるものです。そこで進捗がよいメンバーを遅延している機能の担当を割り振ります。本当は(長期的に見て)Aの同じ種類の仕事を振るほうが効率がいいのです。ただ納期も迫っているときはそうも言ってはいられません。慣れていない仕事を振ることもあります。迫っている納期を考えると(短期的には)効率がいいのです。

 

また、Bのもう一つのメリットして多くのことを学べるというのがあります。いろいろな仕事を経験することで、1つのとこをするよりかは浅いにせよ多くの知見を得ることができます。

 

このようにAとBにはそれぞれのメリットがあり、それの裏返しのデメリットもあり、一概にどちらがいいとは言えないのです。

 

仕事を振る際にどちらを採用するべきかという問いに対して、答えはどっちなんだ?と言われると、答えはケースバイケースです。

 

・・・。とは言ったものの、ケースバイケースという結論では実用的ではありませんので、最後に私なりの使い分け方をご紹介します。

 

もう一度メリットをまとめます。

 

A 「同じ種類の仕事を振る」

・長期的に見て効率がいい

・知見が深くなる

B 「違う種類の仕事を振る」

・短期的に見て効率がいい

・多くのことを学べる

 

私の使い分け方としては、仕事開始前はまずはAを採用します。なぜなら、仕事(特にシステム開発)はスケジュールの予想が難しく、出来るだけ進めるときに進めておきたいからです。そのため長期的に見て効率のいいAを採用します。

 

ただ、途中からは余裕がなくなるor余裕が出てくる(システム開発ではほぼ前者)こともあります。そのときは途中からBを採用します。もし余裕がなくなってくれば、納期を意識して担当者なども組み換えます。逆に余裕が出てくれば、同じような仕事を割り振っていた状態から、メンバーに新しいことを学ぶ機会を与えるために、これもまた担当の組み換えを行います。

 

このように私の考えでは、まず最初は長期的に効率のいいAを採用し、スケジュールにずれ(余裕なしorあり)が発生すればBを採用して、短期的な効率、もしくは新しい知識をメンバーにもってもらうことを行います。

 

何事もバランスが大事といいますが、仕事の振り方も同じです。単純にAがよい、Bがよいと言えません。難しいですが状況に応じて対応する必要があります。だからこそ、そこに価値があるのかもしれませんね!

 

以上、ありがとうございました。

この投稿から人生を変える

こんにちは。初めまして。

 

Motokiと申します。

 

本日からブログを始めることにしました。よろしくお願いします。

 

本ブログの内容ですが、タイトルに「人生を変える」とあるように、人生を変えることを目的としたブログとなっています。それは私の人生でもあり、お読みいただいているあなたの人生でもあります。

 

記事の内容は「仕事や人生や幸福についての私の考え」や「書籍の紹介」を中心に考えています。人生を変えるというと大げさに聞こえますが、何事も積み重ねです。

 

第1回目の記事としては私がブログを始めるに至った経緯を簡単に紹介します。

 

私は現在20代後半の普通のサラリーマンです。小中高のときは何も考えず、普通に勉強し、普通に部活し、普通に友達と遊んでいました。今思えば幸せだったと思います。大学生になってからは一時期つらい時期もあり、死んだほうが楽と思ったこともありました。しかし苦しい経験をしたことで得られたこともありました。それは「考える」ということです。それまでの私は幸せではありましたが、今思えば考えるということをしていませんでした。正確には「深く」考えることをしていませんでした。

 

このあたりの詳細はいつか別記事で書きたいと思います。ただその時期から私は考えることを始め、いわゆる自己啓発本などを読み始めていました。そして新しい知識をつけること、自分で考えることの楽しさを知っていきました。そこからこれまで4年ほど本を読み続けてきました。大学では情報系の学科でしたのでITの専門書、就職してからはビジネス書も読み始めました。読書は趣味のひとつになっていました。

 

ただ、最近ふと気づいたのです。多くの知識を得たが私の人生は変わっているのかと。自己啓発本を読んで、納得して、おもしろいと感じて、それで終わりでした。新しい知識を得て満足していました。これはいいと思ったことを実行しないというのがだんだん、もったいないと思うようになってきました。と同時に、今のように普通に仕事をして終わっていくのか、という気持ちもありました。こんなに自己啓発本を読んだのに何故人生は満足できるものになっていないんだと。

 

まあ答えは単純ですよね。知識だけを得ても行動しないと現実は何も変わらないんですから。インプットすることで自分の知識は増えます。ただアウトプットしないと周りは変わらない。当たり前のことですよね。ただ、その当たり前のことを私は出来ていなかったです。そして、おそらく多くの人も出来てはいないと思います。つまり知識はあるけどそれを実行している人は少ない。よく言われている「それを知っている人は100人、行動に移す人は10人、継続する人は1人」みたいな。私は本で読んだほとんどのことを継続以前に行動にすら移せていませんでした。

 

このままではいけない、何かアウトプットしないと。そして始めたのがこのブログです。ブログで食っていこうと思っているわけではありません。ただ、自分の考えをまとめてアウトプットすることに意味があると思っています。それも自分だけに見えるところに書くのではなく、ブログという世界に公開された場所に書くことに。

 

これからこのブログで本の紹介や私の考えを綴らせていただきます。今までアウトプットしてこなかった私(行動してこなかった私)が踏み出す第1歩です。私の人生はここから変えます。人生が変わるのではなく、自分で人生を変えるのです。また、あなたの人生を変える。と言ったら大げさかもしれませんが、少しはいい影響を与えることができれば幸いです。

 

以上、長文になりましたが最後までお読みいただきありがとうございます。